2009年09月19日

映画「私は猫ストーカー」をみてきました

私は猫ストーカー めちゃくちゃしょ〜もなかった。
猫ストーカーなんです!とか言ってるのに、毎日みている猫の顔の区別がつかないんだよ。
ぜんぜん猫好きには見えないぎこちなさが猫好きにはみていて辛い。
猫撮るのにフラッシュ焚く。しかも高い位置から猫を撮影する。
猫の興味ない人から嫌われそうな人ばかり出てくる。

ストーリーと関係ないところでも、カメラの性能が悪くて画面から与えられる情報がすごく少ない。画像の荒いビデオの汚さだからますます辛い。
手紙がアップになるが暗いし不明瞭で読めなかった(輝度の高いテレビを基準にしてるんだろうなぁ)。
エキストラの演技指導ももう少しちゃんとして欲しい。
肉のおばちゃん、コロッケ手渡してから見切れるまで緊張した怖い顔ではるの顔を凝視してるから!
普通お店のおばちゃんは物を渡したらそのあとずっと客の姿をおったりしないから!
音も悪いし、大学の卒業制作作品か!ってレベル。プロの役者だから見られるけど手持ちカメラは手振れてグラグラです┐(´-`)┌
ビデオで充分、スクリーンで観る価値のない作品でした。

続きを読む
posted by Yui at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2009年09月11日

調布市せんがわ劇場アンサンブル 第4回公演  『THE WINDS OF GOD 〜零のかなたへ〜』

古屋暢一さんの舞台があります。
調布市せんがわ劇場アンサンブル 第6回公演 『THE WINDS OF GOD 〜零のかなたへ〜』
■公演日程  2009年10月23日〜2009年10月31日
原作・脚本・演出:今井 雅之
出演:【兄貴】 重松 隆志
   【金太】 古屋 暢一 
   【山本】 三上 陽永
   【寺川】 高久 慶太郎
   【松嶋】 江藤 聖矢
   【分隊長】鈴木 太一
   【千穂】 山咲 あい(○Wキャスト) 10/24(土)19時,26(月)19時,29(木)19時,31(土)14時の回に出演 
   【千穂】 香取 佑奈(●Wキャスト) 10/23(金)19時,25(日)14時,28(水)14時,30(金)19時の回に出演

スタッフ:【舞台監督】金安凌平 【照明】東京舞台照明 【音響】高木佳未  【企画制作】調布市せんがわ劇場アンサンブル 他
後援:調布市教育委員会
協力:エルカンパニー/ミッション
テーマ曲:「桜色」七緒純(ジュンジュン) 

最後の舞台かもしれないので、今度こそ観に行きたいと思ってます。でも、最後なの? 本当にやめちゃうの(ToT)
posted by Yui at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台

2009年08月26日

映画「サブウェイ123 激突」の試写会へ行ってきました

サブウェイ123 激突 (小学館文庫)緊張感あるような、ないような。
不思議なテンポの映画でした。

でもダレることなく最後までみることが出来ました(普通ダレるよね、そこらへんがまた不思議。面白い)。

一緒に行った友人と私とはキャラに対する印象が大分違ったので、見る人によってストーリーの解釈が違うお話かも。

続きを読む
posted by Yui at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2009年08月13日

「キラー・オークション」のPVというかティーザー予告

コミケで「キラーオークション」のDVDを売る予定だったのが、どうやらPVの配布で終わるらしい。
完成したという連絡が来たらブログで宣伝しようと思っていたんだけど、どうも間に合わないという連絡が来たので、直前告知です。

コミックマーケット初日の14日 東地区 O-21a 「TakujiのQ」でDVD(CDか?)がもらえるので興味のあるかたはぜひブースを覗いてみてください。

本編の完成はいつになるのかな〜?
posted by Yui at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月09日

映画「HACHI 約束の犬(日本語吹替版)」

HACHI 約束の犬 公式ストーリーブック良くも悪くもハチ公物語のリメイクでした。
日本人なら大概の人が知っているストーリーなので驚きや意外性はまったくないです。

でも、人と犬だか成立する純粋な愛情はやはりホロリとさせますね。
ボールを駅に持ってくるのエピソードは、その後の展開を容易に想像させるベタなものだけど、想像できるからハチに感情移入して悲しくなります。
パーカーのこと本当に好きだったね、あれが特別の時だったんだね、と。
具合の悪いうちの犬とダブらせて観てしまう分ホロリとさせられました。
やっぱり犬ものは鉄板です。

帰りがけに小学校高学年くらいの男の子が「マリと子犬の方が泣けたなぁ」と言うのが聞こえてツレが大受けしてました。
確かにマリと子犬の方が泣けますね〜。
でもあれを基準にしたら、勝てる映画がほとんどないぞ(笑)

続きを読む
posted by Yui at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2009年08月08日

「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」「侍戦隊シンケンジャー銀幕版 天下分け目の戦」

毎年ライダーか戦隊かどちらかが面白いのですが、今年はどちらも面白くなかったなぁ。
シンケンは“転”から始まるから盛り上がりに欠けるし、CGの色味は変だし、ロボやかぶりものが作りものっぽかった。

ライダーも昭和ライダーに興味ないとあまり楽しめないです。
シンケンは3Dだと違和感あまりないのかもしれません。
なんでも3D版は最後に短い小芝居があるそうな。茉子ちゃんのおすすめがそれだった。
2D上映の舞台挨拶で、それって反則だよ(^_^;)
3D版、観に行くしかないか…DVDには収録されないよね。

私のおすすめは馬のシーン。スーツ着てデカ物もった人間乗せて外道衆を引きずるは先の尖った障害飛び越えるは、久々に良いもん観ましたヾ(≧∇≦*)ゝ
あと10分尺が長かったらなぁ。

ライダーは昭和オタかバトル大好きなお子様なら楽しめると思うし10年目のお祭り映画としては間違ってないんだけどさ。

続きを読む
posted by Yui at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2009年08月01日

映画「サマーウォーズ」をみてきました

サマーウォーズ (角川文庫)普通っつーか、凡庸というか、アニメだからみれたけど…

とにかくヒロインがかわいくない。デザイン自体に魅力がないのに、女から嫌われる系統の女で、かつ男が騙されるようなかわいらしさもない。普通この二つが両立する奴は典型的な嫌われ者のはずか、何故か憧れの先輩!?
このミスキャストがこの作品最大の難点じゃないですか?
続きを読む
posted by Yui at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2009年07月08日

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」をみてきました

Cut (カット) 2009年 08月号 [雑誌]すげー!庵野って天才?と思ったけど次の瞬間「騙されちゃダメだ、騙されちゃダメだ!」と頭の中でリフレイン(^o^;)
一体何度騙されたか!完の字を見るまで判断は持ち越しだ。
結論を早まってはいかん!

しかし、何度も騙されてきた人間にそう思わせるエヴァンゲリオン:破恐るべし。
まともな神経してたらあのコンテは描けないですよ(褒めてます)。
続きを読む
posted by Yui at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2009年07月05日

映画「ユアン少年と小さな英雄」を観てきました

ぼくとボビーの大逆転 [DVD]130年前、19世紀スコットランドで本当にあった物語をベースにした作品です。
地元でボビーの話は有名らしく、エジンバラの町にはテリア犬ボビーの銅像が建てられてます。
ボビーについては↓参照
http://www.greyfriarsbobby.co.uk/

予定調和なお話ではありますが、楽しめました。
久しく19世紀を舞台とした作品をみていなかったので、久々に「この頃の労働階級は一部の支配階級に搾取されて、50才まで生きられる者は希だった」。という歴史的事実にショックを受けたりなんかして。
知ってることなのに、やっぱりショックなんですねぇ。

主役のユアンはなかなかにかわいらしい少年ですが、媚びた感じのしない、むしろ陰な感じが当時の労働階級の少年らしさを醸していて良かったです。
続きを読む
posted by Yui at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2009年07月04日

映画「MW−ムウ−」初日に行ってきました

MW VISUAL BOOK (ぴあMOOK) 初日コメントのためにまたまた観に行ってきました。
コメント観ないで後悔するより、観て後悔した方が精神的にいいかと思って(^_^;)
コメントは今までのとあまり変わりのないものでしたが、見れたということで満足しましたむかっ(怒り)

は〜、見直してまた思うこと。

結城(玉木宏)との関係がちゃんと描かれていないから要らない子になってる賀来(山田孝之)
牧野京子(石田ゆり子)の描写がおざなりな為に牧野共々要らない子になっている溝畑(山本裕典)

どっちか片方を削ったらもう少しすっきりしたんじゃないかなぁ。
続きを読む
posted by Yui at 13:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画