2009年09月19日

映画「私は猫ストーカー」をみてきました

私は猫ストーカー めちゃくちゃしょ〜もなかった。
猫ストーカーなんです!とか言ってるのに、毎日みている猫の顔の区別がつかないんだよ。
ぜんぜん猫好きには見えないぎこちなさが猫好きにはみていて辛い。
猫撮るのにフラッシュ焚く。しかも高い位置から猫を撮影する。
猫の興味ない人から嫌われそうな人ばかり出てくる。

ストーリーと関係ないところでも、カメラの性能が悪くて画面から与えられる情報がすごく少ない。画像の荒いビデオの汚さだからますます辛い。
手紙がアップになるが暗いし不明瞭で読めなかった(輝度の高いテレビを基準にしてるんだろうなぁ)。
エキストラの演技指導ももう少しちゃんとして欲しい。
肉のおばちゃん、コロッケ手渡してから見切れるまで緊張した怖い顔ではるの顔を凝視してるから!
普通お店のおばちゃんは物を渡したらそのあとずっと客の姿をおったりしないから!
音も悪いし、大学の卒業制作作品か!ってレベル。プロの役者だから見られるけど手持ちカメラは手振れてグラグラです┐(´-`)┌
ビデオで充分、スクリーンで観る価値のない作品でした。

監督:鈴木卓爾
原作:浅生ハルミン
脚本:黒沢久子
出演:星野真里/江口のりこ/宮崎将/徳井優/坂井真紀/品川徹/諏訪太朗/寺十吾/岡部尚/麻生美代子

私は猫ストーカー@映画生活
私は猫ストーカー@woman excite

posted by Yui at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32350836
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック