2009年03月20日

映画「ドロップ」をみてきました

うひゃ〜〜〜、劇場に行ってびっくり。
9割方若い女性で、どーもみんな水嶋ヒロのファンって感じ。
「ヒロくんが出てるから見るけど、品川に金が入るのはむかつく〜〜!」とでかい声でしゃべるのは止めた方がいいと思うぞ。
クローズゼロと同じような映画と思って行ったので、客層の違いビビリましたよ。

映画の感想は…う〜ん(^_^;)


脚本も演出もあんまり良くなかったなぁ。
ヒデ(上地雄輔)が赤の他人と言われて座り込んだときに、この人死ぬのかね? 交通事故とか?とすぐに思ったし、スローでヒロシの姉(中越典子)がお弁当を作るシーンでやっぱ死ぬのね、まさか落下事故じゃないよね?と思ったら、ほんとに落下事故で…。

しかも初めての身近な人の死を体験したあとに「人はそう簡単に死なねぇんだろ」はないだろうと思うんですが。
お笑い芸人が大量に出演してるのもウザかったわ。
「クローズZERO II」が早くみたいなぁ(遠い目)
そうそう「鴨川ホルモー」と「MW(ムウ)」の予告を見ました。
ホルモーの方は見知った場所が、というか、映画館のまっ近くが映ったと思う。
しかし山田くんは地味な感じは出してたけど、いか京には全然見えなかったぞ〜。
いか京はダサ男なだけじゃ駄目なんだ。
でも、今は京大生もいか京らしい学生はほとんどいないけどね。
微妙にオサレなんだよなぁ、最近の京大生(褒めてね〜w)。

「MW(ムウ)」の方は賀来(山田孝之)に「それは、神が残した、最後の光。」ってコピーが出た瞬間「ないない!」とお嬢さん方がつっこんでてたっす┐(-。ー;)┌
ま、映画上映中は静かだったからいいけどさ。
しかし、原作と違って結城と賀来って幼なじみなのね。
「幼い美少年をレイプ」ってのを映像化するのは無理だとは思うけど、幼なじみにするのはちょっと違うと思うよ。

監督・原作・脚本:品川ヒロシ
出演:成宮寛貴/水嶋ヒロ/本仮屋ユイカ/上地雄輔/中越典子/波岡一喜/若月徹/綾部祐二

ドロップ@映画生活
ドロップ@woman excite
posted by Yui at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27762672
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック