2008年11月23日

映画「レッドクリフ PartI(日本語吹替版)」をみてきました

レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD] まずオープニングで簡単に三国志の説明が!
なんて親切!
もしかして日本限定?

 

しかし本編はいきなり逃走シーンから(・_・;)
桃園の誓いも三顧の礼もなしっすか?
ある意味いさぎよい始まり方ですね。

映像は綺麗で中国の風景の壮大さは島国な人間にはすげ〜!って感じなんですが、展開はちょっとたるいです。
アジア以外の一本に編集したバージョンのほうが迫力あって良いかもしんない。


とくに亀甲の陣が長い!
亀甲の陣自体は大変迫力があるのだけど、途中でだれる。
中国らしい人海戦術のすばらしい映像にもかかわらず、長時間の戦闘シーンは失笑モノ。

登場人物ではアホの子にしか見えない孔明に…(-o-;)

まるきりラブストーリーだし。
ハリウッド、ハリウッドと頭の中で呟きながらみてたんですが、

「女のために戦を始めてたのか」に

 (三国志ってそんな話やったっけ?)
 (小喬ってそんな重要な人物だったっけ?)
 (大喬は?)

と、いろんなことが頭の中をぐーるぐる。


孫権だけ女性の家族が描かれるのね〜
そーいえばこの人(尚香)は劉備の後妻だったなぁ。と思ってたら孔明とフラグ立ってるし、

 

三国志は人形劇を数話みただけの私にはワケワカメです。

三国志詳しい人の受けはどんななんでしょう?

でも、前編みたから後編も見るよ!
問題は前編を吹き替え版でみちゃったってことだ(購入ミス(^_^;))。
後編はどっちで見るかなぁ?

監督・脚本:ジョン・ウー 
出演:トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ビッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/リン・チーリン

レッドクリフ Part I@映画生活
レッドクリフ Part I<日本語吹替版>@woman excite
posted by Yui at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24253102
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック